×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サブカード

サブカード作るなら。

サブカードはどんな種類を選ぶと良いのか?というと、人によって判断基準は変わるものですし、これが絶対に良い!というものがあるわけではありません。

 

ただ気を付けておいてもらいたいのは、知らないうちにクレジットカードが増えている場合がありますので、年会費を無駄に取られてしまうことがあり、
そんな時には使わないカードはさっさと解約をしてしまい、多くても2枚持ちか3枚持ちくらいが最適じゃないかと思います。

 

カードの種類が増えるとそれだ請求書の数も増えますので、請求書を管理するだけでも面倒になりますし、
いったい、自分がいくらカードで買い物をしたのかが分かりにくくなったりします。サブカードを持つ場合には、そういった管理面でのデメリットがありますが、
特に海外旅行に行った際にはサブカードがあったおかげでピンチを免れるというケースは少なくありません。というのも、
海外では日本とクレジットカードの事情というか扱いが結構違っていて、カードの磁気部分とお店にある読み取り機の相性が悪いせいで、
なかなか読み取ってくれずにエラーが連発することがあります。お金を十分に持っていればキャッシュで支払うと一発で解決できるものの、

 

現金なんてそんなにたくさん持ち歩ていることはないと思うので、メインカード以外にサブカードを持っておくことで、
読み取り機との相性を緩和させることができ、海外旅行で金銭的なトラブルに見舞われるリスクを減らすことができます。